あらすじ

 

 特に珍しくもない、仲良し四人組。

 一時期同じ中学に通った四人は、ひょんなことから知り合い、行動を共にするようになる。

 それは別々の高校にいって別れた あとも同じで、時間を見つけては集まり、遊びに繰り出していた。

 受験を間近に控えた高校三年のこの夏も同じことで、仲良したちは忙しい間をぬって、遊び にいく計画を立てていた。

 

 太陽の日差しが強くて、蝉が鳴いていて――。

 

 忘れる事のできない、あの夏の日の事――。